マーマレードを塗ったくり、なんの役にもたたぬことを考えつき続けている


by shimamelon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

弟の結婚

もうすぐ弟が結婚するのだが、そのモロモロがおかしい。
まず姉の夫
「平服でおいでください」の一言に、何をきていけばいいのか真剣に悩む。以下姉のメール引用。
■■(姉の夫が)何を着ようとか悩み始めたので、「式服でいいと思うよ」
と言ったら、「一応、▲▲(弟の名前)に聞いてみて。」とか言う。
▲▲にそんなこと聞いてもムダなのに・・。と思ったが
さっきメールしてみたら、「これが「俺の平服だ!」と言えばいい。」
だってさ。禅問答じゃないっつーの。
一休さんの桔梗やさんも、さぞかし、いらいらしただろう。とこの年になって思う。
こんなのもみつけた。
桔梗やたたき

そんなこと悩んでる大人がいるんだよーって同僚に話したら、以下同僚の意見を姉に送る。
「お兄さんでしょ?じゃースーツでしょう。ちょっとオシャレなビズシャツで、ネクタイなし」
とのこと。
「礼服でネクタイなしはだめなの?」と質問したら「それはだめ」とのこと。
理由は帰り道みたいだから。袋の中みないと、結婚式か葬式かわからないので、
ダメだ、とこのでした。

ちなみに弟は結婚式でケーキカットをしないんだそうだ。
理由は、「あんな小さいケーキいらないじゃん」とのこと。
ケーキカットをしたケーキはたくさんの人にわけるから、どうしてもケーキが小さくなる。あんな小さいケーキくばるくらいなら、デザートを1つ多くした食事を、と思うらしい。妻になる人も「いらないよね、あんな小さいの」と言っているらしい。
吉田戦車のマンガで、「文庫本が小さい、なんて小さいのかしら!」と嘆くOLがいたけど、そんな感じだ。
[PR]
by shimamelon | 2006-07-04 15:58 | 部員日誌