マーマレードを塗ったくり、なんの役にもたたぬことを考えつき続けている


by shimamelon
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:タビキ( 37 )

沖縄ソバ

沖縄に行ってきました、1泊2日で。
a0024400_18251178.jpg
残波岬にて


短いかなー、期間が、と思ったけども、まぁ短かったけども、友人で日帰りをした夫婦がいるので、まぁできんことはないだろう、と思っていた。
ほぼ、ソバを食べに行ったようなものだ。貴族か?
ついて、ちゅら海水族館行って、あそこは遠いので、その途中で1杯。
その夜飲みすぎて、次の昼もソバ。

数年前には「スバ」または「すば」という看板を良く見かけたと思うんだけど、今回の旅行では発見できず。その他の沖縄コトバというんでしょうか、それは健在でしたけど。「なーべらー」と看板にかいてあり、ちょうちんには「なーべーらー」と書いてある店とか。

あがー整骨院っていうのもあって、あがーってなんか意味があるんだろうと思ったら、「あがー」となったら来なさいといった由がかいてあって、オノトマペの一種のようでした。

世界遺産が増えていたな。
ぐすくの類まとめてドン!で申請したらしいので、そこらじゅう世界遺産だらけ。
前はなかったよね、という事務所とかもありました。

あとは、「地産地消」の文字が沖縄にも!
えー!沖縄って昆布とか食べるから長寿っていうのも売り物のうちの1つだと思うんだけど、沖縄の海域では昆布はとれないそうなんですよ。それだけ貿易で成り立つ文化に立脚してるのに、いいの?地産地消で。

あと、ブランド豚肉もありました。「あぐー」とかいうそうなんですけど。
そんなの食べないんだけど、上記の整骨院の名前に似てるなー、もしかしてそこからとってる?って思いました。
[PR]
by shimamelon | 2008-05-29 20:07 | タビキ

時差ボケは起きて直す

働いてないからかなー。
つまり、その気になればすぐ眠れる生活なので、昨日も寝てしまった。
そして、時差ぼけは続く。人生も続く。

イタリアは、とっても勝手に花とかキラキラにあふれてると思っていた。メディアの影響だろう。
もー本当にね、キラキラー!ってしてると思ってたの。
しかも復活祭前後、もー神輿とかあってビキニの男女が闊歩してて、ハートが宙にういていて、チョコレート食べ放題で、角々にバイオリン弾きがいて、みんなカチャッカチャッとタップシューズで歩いてる、みたいな。

そんなことはなかったよ。
普通の街でした。
いや、道かわりに川がある街を普通というのか?ビルの中に遺跡がある街を普通というのか?あれ、塔が斜めだぞ!などいろいろあったんだけど、どこでも観光客がカニの産卵のようにたくさんいて(私達もその卵の1つづつ)、なんかみんなうかれてて、それをめがけて東京タワーみたいなおみやげがどっちゃり売ってて。だいたい雨で、フィレンツェなんざ雪まで降って。

いろんなことがあったので、あー楽しかったーだけではすまない感じだったけど、旅行したわーとしみじみ。
今日は、起きとくぞ!
[PR]
by shimamelon | 2008-04-03 08:41 | タビキ
お誘いあって、チャイコフスキーのオペラ「スペードの女王」をみてきた。
チャイコフスキーのバレエはともかく、オペラ自体はじめてで、知ってる曲も1つもなさそう・・・とちょっと心配していた。
しかも、その前に、日本酒を1合ちょっとあけているのだ。
その日本酒開けてる店とは、三城(さんじろ)という蕎麦屋。
悪魔のようにうまい蕎麦。薬味もうまい、漬物もうまい。だまって出てくる日本酒も、常温で、むっちゃうまい。危ない店だ。

小澤征爾って、指揮する前は、髪の毛整えてるんだなぁ。
でも1幕目の2場では、もうボッサボサ。そして、その後は整えずにボッサボサのまま指揮をする。
内容はね、最初は「なんかくれーな」と思ってたんだけど、面白かったのです。
簡単に言うと、暗くて一本木なオトコが賭博にはまって狂っていくという話。2幕目くらいからむっちゃむちゃ面白くなってきて、繰り返される旋律も、場に迫ってくる、オペラの醍醐味。おもしれー。
この松本にある まつもと市民芸術館というのは、サイトウキネンのイベントのためにつくられたようなものらしいのだが、なんか立派な箱なんだよねー。
そして、舞台の奥行きが、奥行きと横幅の比率を間違えたのか?と思うほど深いの。
結構席数も少なくて、これで採算とれてるんだろうか?舞台の登場人物も多いぞ。

なんか、贅沢な時間をすごして、その後11時から肉たべたりして、楽しく過ごした週末でした。
[PR]
by shimamelon | 2007-09-03 18:06 | タビキ
旅行に行ったことを忘れたくはないが、そして忘れもしないだろうが、この旅行中書いてたメモをもとに何か書くこともできん。
メモもきたなくなっているので、いい加減捨てようと思い、すべてうつすことにした。
ただ、捨てればいいのに。
--------------------------------------
イスタンブルではよく「げんき?」と声をかけられる。実際は「元気?」ってかなりざーとらしい挨拶だよね。日本語界においては。
しかし、私はイスタンブルで日本語ばかり使っていた。
それほど、日本語を話す人が多いのだ。
----------------------------
イスタンブルでは実によく声をかけられる。
声をかけられない確実な方法のうちの1つは、頭に何かまいておくことかもしれない。
----------------------------
のりかえ ユスフパシャ
----------------------------
アラハン ソクルの人
----------------------------
写真が相当嫌いになったと思う。大好きだけど、大嫌い。写真をたくさん撮ると記憶が薄れるよね。おいしいオレンジジュース(カルピスでもいい)があったとして、たくさん飲みたいからって水をいれちゃうような。でも撮っちゃうんだけどね。一応、フレームを見て「ダメ」と思ったり気持ちがはいらない撮らないようにはしていた。
----------------------------
写真撮ってるのを見るのは大好きだ。
しかし、デジカメになってからみな変わったよね。まず撮った後間違いなく確認してる。あと撮る姿勢。モニタみながら撮る。もしかしたら写真を撮ってる間のスリの被害って減ったのではないだろうか?
----------------------------
後ろ髪をひかれる想いをしながらイスタンブールを離れるも、アテネでの灼熱の遺跡巡りですべて溶けた。
暑い中見るのは工事現場みたいなレプリカばかり(「本物」もあるけど)。でも「カミサマが大事にされてたんだなぁ」と思う。みんな何かを闇雲に願って願っていろいろ作ってしまったわけだ。
言うことなくなって「愛国心」といって政治になっているのもその流れととれるわけだ。
とにかく遺跡が延々と延々とあるのだ。東京でいえば、日比谷~皇居周辺・・・あ、あのあたりも特殊な目的でしか使われていませんな。まぁとにかく見物。実はギリシャって静岡みたいなところなのか?と思っていたのだが、観光に命かけてるところは違うぜ。ただ人を集めるだけではだめで、いかにくだらねーものに金を使わせるか、だ。機械織りの刺繍とか、インド綿の布とか。仲屋むげん堂かよ。
----------------------------
イスタンブルとギリシャの最大の違いは音楽だ。そして、とても似ているのは料理とか。「イブンハルドゥーン」ってこういうことか。
しかし、私が思っている「西洋」ってアメリカのことかもしれないなぁ。
----------------------------
「-en」で終わるのはデンマーク・ノルウェーの名前。例)カーレンブリクセン、アンデルセンなど。
「-on」で終わるのはスウェーデンの名前。例)トーベヤンソン。
----------------------------
ギリシャでも声をかけられる。
声の主は、年老いたとカテゴライズしてもいい男性だ。
南欧だなぁ。
----------------------------
ミコノスからイスタンブル
週に1つ便がある、まじで?
----------------------------
エフカリスト
パラカロ
----------------------------
夏の若者になじめない。
海辺でアイリーンキャラをききながら思う
----------------------------
ミコノスはペリカンが有名とやらで、やたらいるあのでかい悪夢のような鳥。ここそこにいる。ちなみにハトもいる、アヒル?みたいなのもいる。大中小だ。
風が強い。台風のようだ。道にまようためにできているミコノスタウン、迷って迷って、風車が見える。まるでドンキホーテ。
食べているスパゲティはまずそうだったが、いけた。イタリアにいきたくなった。
----------------------------
オルテガ
----------------------------
旅行は必ずクセになる。
旅行しないのもクセになるけどな。
[PR]
by shimamelon | 2006-11-11 17:57 | タビキ
仁淀川にカヌーに行きたいと思っている。
いや、本当は四万十川いくんだけど、仁淀川も行きたいのだ。
仁淀川沿いで、そこらで育った3人の男性がレストランとカヌーガイドをやっているというようなテレビ番組をみて、あーカヌーのガイドさんってコースをこうやって決めるんだーと思って印象に残っているので、行ってみたい。簡単に言うと、「オレの方がいいところ知ってる」「いや!オレの方が」「うっせーオレの方が!」って感じだった。
でもそのレストランの名前とか全部忘れた。こうして書いてたら誰か「アー知ってる知ってる」ってことにならんかなぁ・・・・と。
無理かな。地道に検索かな。
[PR]
by shimamelon | 2006-03-30 14:47 | タビキ

アイロンプリント

香港でいくつかものを買ったわけだが、今回Tシャツも何回か買った。
ちょっと急いで買い、その意味わかんないんだけど無地のTシャツが2枚ある。まっピンクと紺。
自分できればいいわけだけど、これを香港みやげとして渡したら相手はどんな気持ちになるだろう?
でも、前からやってみたかったアイロンプリントでなんとかならんだろうか?
いや、もうお土産じゃない。いや、もともと土産じゃなかったんだが、実験だ。

で、調べてみたところ、うすうす聞いてはいたんだが、最近のアイロンプリントはそれ用の紙にプリントする、というものであった。
そのモチーフを売ってるところもあるんだが、1枚5000円するんだよね。
4枚100ドル(1500円)のTシャツに5000円のプリント。あ、でもそう考えるとアニエスベーとかのTシャツが7000円くらいするのも納得するね。

デジカメで取った写真をどうのこうのする人もいるらしい。
っていうかとっても主流、年賀状をパソコン使うのと同じくらい主流らしい。
手芸への視線がなさすぎて知らなかった。
何作ろうかなー。
候補
 スプーン印の砂糖みたいなやつ
 豆
 ミケさんのブログにのってる素敵な写真とかいいなー。(Tシャツの地色が白ならそれで決定なんだが・・・)
 ジャッキーチェン

楽しみになってきた。
問題はうちにプリンタがないってことか?
[PR]
by shimamelon | 2005-08-16 19:15 | タビキ

遠い香港

香港には一度だけ行ったことがあって、それはご多分もれず1997年、中国へ返還の年です。でもその前もその後も行ってないから、まぁ軽率な旅行でした。
で、今度行くんだけど、8年を経てかわらないわけないし、前のこともよく覚えてないしっていうんで、ガイドブックを物色。
が、しかし。
韓国ハワイ台湾愛地球博グアムサイパン他南の島・・・こんなに並んでいるのに、ない。香港がない。あるにはあるけど、なんか分厚い。ちょっと地図が見える写真いっぱいのかるーいものが欲しいのに・・・。
今年はヨーロッパが流行ってるらしいとか聞いたことはあるけど、香港がこんなに遠くなっていたとは。
[PR]
by shimamelon | 2005-08-02 12:53 | タビキ

連休終了

a0024400_13303323.jpg

成田についたなり(駄洒落)。初めて乗ったEVA航空もよかった。台湾も楽しかった。ホエー。
[PR]
by shimamelon | 2005-05-07 13:30 | タビキ

台湾 情報収集

エルジャポン TAKAKOさんの台湾情報
福爾摩莎 理容名店っていうのがいいらしい。
エル台湾
台湾の美容熱貨や時尚熱貨についての情報。全部漢字って迫力あるなぁ。
東方美人 台湾各地のおすすめのお店
むかって左のフレーム内「開香下馬(店紹介)」から入る。
虎羽の出張日記 台湾の食事篇
国ごとのトップページも作ってほしいなぁ。
大好き!台湾!
このページ、大変な充実ようで本当に大好き!なんだなぁと思う。裏ガイドブック夜遊びの項は「おねえさんがいる店」ということらしい。
NOVA 海外旅行 台湾
遊びに行くにはまず言語、それはNOVAで、ってことかと思ったらそれもあるけど、NTBという旅行社があるんだなぁ。NOVA Travel Bureauの略か?きっとそうだろう。
[PR]
by shimamelon | 2005-04-25 13:43 | タビキ

すっげーホテル


ここまで来るのは地元民でもうんざりするような山道で、ちょっと疲れてたんですな。そこでお茶でもすんべとはいったホテル。
そこは大食堂といった広さ・・・全部こんな椅子。
机の足の部分(馬の首)

そのホテルのエレベーターホール。ここでは毎日「エキサイティングショー」をやってるらしい。
最後に食堂にあったもののうちの1つ。

大学などに「観光ビジネス課」がある理由がなんとなくわかるような気がして、グッテリと帰途についたのです。
[PR]
by shimamelon | 2004-07-20 20:57 | タビキ