マーマレードを塗ったくり、なんの役にもたたぬことを考えつき続けている


by shimamelon
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:季節を感じとる( 37 )

花粉症が治ってなかったのは、軽くショックで、トマトジュースだけじゃ弱いのかしら?それとも量などに問題があったか。
去年などに治ったと思っていたのは、花粉の量だったのか。

先程まで両面印刷をしていたら、40枚とするところを50枚と設定しており、10枚の印刷ミス。両面ともおんなじのがある。これじゃダメだ。使えない。しかしもう用紙はない。
「PCとプリンタさえあれば、サルでもできる作業ですので」と軽く引き受けたんだったが、やはりサルでは上手にいかねぇ。
バカだねぇ。
[PR]
by shimamelon | 2008-02-16 13:57 | 季節を感じとる

セロリ

スマップが昔歌ってたとかじゃなくて、本当に食べるセロリの話。
とっても無知で恥ずかしいんだが、セロリは夏野菜だと思っていた。すっきりシャキシャキ食べるとおいしいでしょう、みたいな理由で。
でも、八百屋とかで妙に普通に売ってるなーと思っていたら、なんとセロリの旬は11月~3月でした。
いつも忘れるんだが、ヨーロッパは寒い。だいたいチュニスが仙台、スペイン、イタリアの南が北海道あたりと思えばいい。
つまり、ヨーロッパ由来くさいものは「結構寒い時期」と思えばいいわけだ。
[PR]
by shimamelon | 2008-02-16 11:30 | 季節を感じとる

治ってはいないようだ。

ここ数年毎朝飲んでいるトマトジュースの効果は今年でるだろう。きっと花粉大飛散するなか口笛ふいて、なんて想像してたんだが、そうそう、ワインをもってピクニックに行こうとも思っていたが、近所に森みたいなのもあるしーと思ってたんだが、昨日から鼻がムズムズする。
クシャミもでる。
だめだったか・・・。
鼻セレブ買って来るか。
[PR]
by shimamelon | 2008-02-14 10:02 | 季節を感じとる

親子丼、窓拭き

昔、親子丼作っているときにわれながら要領が悪いと思ったが、今日窓拭きしててもやはり思った。要領が悪い、と。
しかし2つとも不慣れという要素もあると思う。前の家ではすんでる間1度も窓を拭かなかったのだ。つまり6年くらい。頭で考えない、体で覚える人生だ。
ついでにベランダの汚いところを拭いていて、壁にとりつけてある室外機(ガスの)にゴーンと腰をぶつけた。一直線に痛い。わざわざみないけど、一直線のアザができてると思う。
[PR]
by shimamelon | 2007-12-19 11:39 | 季節を感じとる

今年の漢字、言葉

今年の漢字は「偽」だろうなんていってたらあたった。
でも記事タイトルが「やっぱり」となってる。
一方、ウェブスター選ぶ今年の言葉は「w00t」
主にオンラインゲーム上でやり取りする際に歓喜を意味する表現なんだそう。
非漢字圏の人から見たら「偽」もこんな感じだろう。
「これで『にせの』という意味です」
わかんねー。
[PR]
by shimamelon | 2007-12-13 10:19 | 季節を感じとる

ラップ

クリスマスにむけてアルトリコーダー猛特訓の日々であるが、練習するとだんだんうまくなりますな。小学校の時の私におしえてやりたい。「やれば、結構なんとかなるもんだよ」。

クリスマスに、私は大きい子たちの劇に出たり(大きいには間違いないだろうが、子ではないのに)、笛ふいたりするわけだが、小さい子たちは別の出し物をやるらしい。
この前のプログラムの打ち合わせで「ラップ」とあったので、あーなんか包むのかな?と思ったら、違う、あのラップだった。音楽の、といえばいい?
だって、練習風景をちょっと見たことあるけど
「あそれ、あそれ、あそれそれそれ」
とかやってたしなー。
南京玉すだれもラップ、といえばそうか。
[PR]
by shimamelon | 2007-12-11 10:03 | 季節を感じとる

エイミイの企画

参加させてもらってる「エイミイ」は1周年だそうで、いろいろ企画をやっています。

1周年企画
12月1日が1周年の日なので、それぞれ12月1日に何してたかというリレーエッセイ、あと、風邪の季節なので、みんなの風邪対策。これがさまざまで面白いのよ。
もう1つ。
紅葉企画
紅葉って秋のイメージが強いけど、初冬といった方がしっくり来るような時期だよね。
いろんなところの紅葉があります。
うちの近くはツタも赤や黄色になってる。そしてどんどん落ちてる。
[PR]
by shimamelon | 2007-12-10 18:23 | 季節を感じとる

年賀切手はもう売り切れ

毎年買おうと思っては売り切れてる「あたりくじ付年賀切手」、牛年か戌年のを買ったことがあるだけだから、つまり、3年前か11年前に買ったことがあるだけってことか。いや、3年前ってことはないな、14年前かもしらん。そこから毎年「あのー年賀くじつき切手は」「売り切れです」とやってるのか。でも喪中とか、今年みたいにグッテリしてすべての年賀状作業を放棄した年もあったから、10回くらいかな。まぁでも、バカだ。

で、今年も年賀くじつき切手はうりきれ、年賀状をどうしようか。
インクジェット対応年賀状はいくつか種類があって、50円のと60円のがあるんだな。こういうの買うか。
ヒマなんだから、芋版でもやればいいんだろうけど、やらん。不器用なのだ。

また昔の話するけど、10年くらい前までは切手や葉書の自動販売機があったような気がする。「ふみカード」なんていうプリペイドカードもあった。私には便利だったんだが、年賀状以外もう手紙を書く人が減ったのかない、ATMになってる。
いや、一部のコンビニでの切手販売があるから、いらなくなったのか。
[PR]
by shimamelon | 2007-12-06 10:27 | 季節を感じとる

足のあみだくじ

あー季節が変わったのぉ。まぁあきらかに寒くなってるのですが。
なにしろ、膝下がかゆくなって白くカサカサになって粉ふいてるのを見て思う。
世界一色気のない季節の感じ方だ。色気めざしてないけど。

これには色々対策をたててきたのだ。
風呂に日本酒いれる、とか。
 あれは、あまり効かないのではないか?酒は飲め。
エモリカなどの入浴剤。
 すっごく効くけど、匂いがわざとらしすぎる。
風呂あがったあとのクリーム。
 スリスリスリスリ・・・めんどくせぇ!
 塗り忘れたところが痒くなるあたりとか、耳なし芳一かよ。
 表面積がでかいからかなぁ。ザツだからかなぁ。
もっと、無臭で、こうスっときくのはないものか。
[PR]
by shimamelon | 2007-10-31 08:09 | 季節を感じとる

廃人日記:蕪をしまう

蕪がシーズンになったようだ。
ここそこで、若干小さめか、と思う蕪が売っている。
あの束ねる紫色のテープみたいなのは、あれをはさみを使わずに外せるんだろうか?束ねるためにはあれがラクなんだろう。多分、機械でチャッチャッとできるんだろう。
買ってきてすぐに使うわけではない時には、野菜保存の袋にいれて冷蔵庫へ。誰かのエッセイで群馬の農業の女性が「野菜は冷蔵庫にいれたら負け」といってたような話があったが、いやいや、いれます。蕪の葉はすぐに黄色くなっちゃうからね。
蕪の葉は軽さにしては、その下にゴロンとついた白い実の部分は重い。バランスとるとしたらどこに中心点をおくか、という算数の問題ができそう、多分実の部分になろうな。袋にいれるのでも、ただおりまげただけでは、まだかさばる。白い部分をナイフで切って、葉をまるめてその隙間に白い部分をごろごろと。スープにしても、塩でもんでもうまい。
葉と白いところを切りはなしてみると、同じ植物なのが不思議だと思うくらい、しかし味は似てる。人だってそうだよね。バラバラにすれば頭と腕の形は違うけど、同じ動物だ。
白いゴロンの蕪の方が1つ割れている。割れてても割れて無くても表情のないやつら。こいつから使わないとなんだけども。
[PR]
by shimamelon | 2007-10-27 08:51 | 季節を感じとる