マーマレードを塗ったくり、なんの役にもたたぬことを考えつき続けている


by shimamelon
カレンダー

<   2005年 09月 ( 37 )   > この月の画像一覧

これは戦いなのか?

毎日コンビニで水を買っている。
ダイエットの名残だ。今はもうダイエットしてないので、水太りの原因にもなるんだろうが、習慣なので。
で、最近コンビニの支払いをエディカードで済ませていて、エディカードってーのは、認識のたんびに♪シャリラリラ~~ン♪とかとっても大げさなんだけどさ、そんなことやってると、すかさず店員がストローを袋に入れる。
習慣って怖ろしい。いや、サービスなんだろうか?
ほんと、瞬時に入れるんだよね。
使わねーよ、ペットボトルのむのにいちいち、チューーーなんて吸うか!

女がストローを使う理由は、口紅がおちるから(またはペタリとつく)らしいですね。たしかに口紅(この言い方、なんか古くない?)の宣伝文句として、「カップにつきにくい」というのがあった気がする。
しかしついてもべつにいいじゃん!つけねーんだよ、口紅なんて。
希望する人が持っていけばいい、と思う。
が、しかし、そんな私もお弁当買って箸をつけてくれなければ、恨むと思う。暴れるかもしれない。
しかし、ペットボトルをストロー使って飲む人とお弁当を箸使って食べる人の割合を考えればいいのか。
なんでこんな考えてるんだ。ストローごときで。
だいたい子供の時からストローは嫌いだ。ガブガブ飲ませろ、私に!というところか。ガサツだなー。

ということで、毎朝「ストローはいりません」と早口で言ってるのである。
[PR]
by shimamelon | 2005-09-30 13:37 | 部員日誌
私は普通「豆腐」を丁寧に言うとき「おとうふ」と言う。漢字で書けば「御豆腐」だ。しかし、これだと「ごどうふ」とも読めるだろう。実際、佐賀県の名物と言っていいのか、a0024400_1521688.gif有田の近くに「ごどうふ」という料理がある。大豆をすりつぶしたものを固めるのに葛をつかったもの、とてもうまい。製法が違うし、まぁ地方語なんだろうと片付けていたのだ。
でも違う。
いじげん Gの脱落 を読んでハタと気づいた。
言語学者 加藤重広さんは、「御返事」とメールで打つとき心の中では「ごへんじ」と発音しているそうなのだ。
私は「ごへんじ」などと思ったことはない。「おへんじ」だでもそれは聞く人が聞けば「お案内」といわれているような違和感があったわけだ。(ただし、加藤重広さんも「母親が子供に言うときは『おへんじ』だよな」と思っていらっしゃる。)
「させていただく」の際に少し気がついて、その後「ダーリンは外国人」(小栗 左多里 のマンガ)を読みながら思っていたが、「漢語」と「和語」をもう少し意識すべきなのかもしれない。あえて主語を書かなかったが、それは私が気をつけるべきなのか、学校の日本語教育で注力すべきなのか、多分両方だ。国語の時間にやることは、「作者の言いたいことを100字以内で述べよ」という先生(解答)をおもんぱかる心情教育ではなくて、使える言語教育だろう。文章があって、この中から和語と漢語をさがせ、とか問題があって、それぞれを丁寧語にしろ、とかいう問題がある。
なんか面白そう。
ちなみに冒頭の「豆腐」は漢語だとすると「ごどうふ」であっていると思う。かなりの確率で漢語だと思うがちょっと定かではない。もし、「豆もやし」ならば、「お豆もやし」で合っているのは、相当確信がもてるんだが・・・。
[PR]
by shimamelon | 2005-09-28 15:22 | 言葉の冒険
毎日トマトジュースを飲むようにしている。4年後に花粉症が治るんじゃないか?と期待していて。トマトジュースについては書きたいことがいくつかあったが、ここがトマトジュース部になるような気もするし、「ケンコーのために」飲んでるのってなんか恥ずかしいし。
とはいってもさー、ケンコーのためになんかするってなかなか楽しいのよ。これは自己言及の快感みたいなもんだろうけどさ、この己の感性や心の動きとやらをタダだからって積極的に利用して日記つけてる輩が「健康問題を考えるのは自己言及で」なんて恥ずかしいよね。
で、トマトジュースは、「こだわったので高いのです」という派閥と「とにかくこれがトマトジュースです」と「トンデモ派」の3つに分かれるとおもっていて、
「こだわってるので・・・」は大抵ガラス瓶にはいっていて、値がはり、うまい。そして継続的に手にはいらない。
「トンデモ派」は大抵輸入品。驚くようなサイズだったり、レモンがはいってたり、スパイシーだったり。
「とにかくこれ・・・」は普通に売ってるトマトジュース。カゴメとかデルモンテとか、スーパーのPB品とか。たまに「まろやか」とか「こだわり」とか「無農薬」とか書いてあるけど、せいぜいサラサラしてるかな?くらい。薄いと表現する人もいる。デルモンテの方があとでコップ洗うのがラクな気はするけど、薄いんじゃなくて、サラサラしてるのでは?と思う。
カゴメはトマトジュース用に畑もって(株式会社が農業やるのはそれはそれは大変なんだが)凛々子なんて品種も開発して作ってるけど、非常にうまい、でも普通。普通にうまい。
a0024400_013466.jpgところが、その「とにかくこれ・・・」派のカゴメから「味わいしぼり」というトマトジュースがでていて、それがねー。変なの。
なんか甘いというか、こだわるとは一面だけみて視野をせまくすることなのか?これが本当にあの凛々子ちゃんをもぎとってつぶした製品なのか?あえて言えば、桃太郎トマトのあの不自然な甘さがそのままジュースになりました、といった味。甘さがある分薄く感じる。いや、桃太郎って薄いのかも。日本はいろいろ変わったんだろうけど、トマトの主流が桃太郎になってしまったことは残念な方のことだと思う。このトマトジュースのんでて1口づつ違和感を覚えながら、なんか感傷的になってしまってる。健康はどうしたんだろうか?
[PR]
by shimamelon | 2005-09-28 00:20 | 部員日誌
a0024400_1023852.jpg

疲弊。伊豆で飲み会後知り合いのホームパーティー。当然酔っておる。
代官山って別荘地みたいだ、でもDEPTにNO EARと表記してあるので、聞か猿?ゴッホ?と思って近づいたらどっちでもなかった。
[PR]
by shimamelon | 2005-09-26 10:02 | 部員日誌
a0024400_203592.jpg

密造酒がご自慢らしい。
[PR]
by shimamelon | 2005-09-23 20:03 | 部員日誌
代々木八幡という神社があるのは知っているし祭りがあるのも知っている。例大祭とかいう紙が貼ってあったし。例大祭って「例の大きな祭」って意味だろうか?
a0024400_19505457.jpg

なんせ、こんなに人いたのか!あ、住宅街だしな・・・と思うほどの人出。祭りの音に出てくる人も多数。祭囃子ってテープじゃないのか。

a0024400_19505555.jpg

祭りで右折できない車。
[PR]
by shimamelon | 2005-09-23 19:50 | 部員日誌

初挑戦

もう、どうしても我慢できなかった。
トイレの話じゃないよ、いや、トイレ我慢できないときもあるけど。

少ねぇんだよ!

いや、給料の話じゃないよ、もっと酒量減らせばいいのよ、ねぇ奥様。
というのも市販のパテの話。
パテっていうのは少なくてまろやかが至上なんですかねー。つまみ食いしてるうちになくなっちまう。井伏鱒二なら書くね、「shimamelonは悲しかった」とか。
で、フードプロセッサもらう予定があるので、そのうち作ろうとおもっていたが、なんか今日我慢ができなくて、仕事とか、レバーが手にはいったとか、赤ワインのいいやつがある、とか、そんなんで、つくりました。すり鉢で。
パテはあらびきでも、まぁまぁうまかったです。パテというか、野菜といためたものをつぶそうとした、といったものだった。
井伏鱒二は「集金旅行」が好きだ。そうだ、あれは映画でみただけだ。本も読んでみよう。
[PR]
by shimamelon | 2005-09-21 23:25 | 部員日誌
「3びきのかわいいおおかみ」という本を知る。
とても面白いので、オトナのみなさんは是非よんでみてほしい。
絵もとてもいい。悪い豚が、本当に悪くて、いい。
この作者ユージーントリビザスさんについて調べているんだけど、ギリシャのアテネ出身。いくつかの大学で学位がある絵本作家になった方のようで、表題の本のほか、'The Crocodile who went to the Dentist’,(「歯医者に行ったワニ」といったところか)とか'The Island of No Cats'(「猫のいない島」くらいの意味かな)など興味深い。
たぶん、日本語に訳されているのは、3びき・・・だけ。他のも読んでみたい。
[PR]
by shimamelon | 2005-09-20 23:47 | 部員日誌
「き子」というのをいただいた。
「富山の家庭の冷蔵庫にはふつうにはいっている」そうで、品名は「明太生塩辛」とある。
実は辛子明太子がちょっと嫌いだけど、明太子には興味あった。私がほしかったのは、これだ。
魚介にあえて食べるとおいしいよ、とかいてあって、イカとかに混ぜるとおいしいだろうなーと思うけど、大好物のタコにからめて食べています。
うまい、うまい、とてもうまい。

沖縄のラー油はうまいという。
マイルドで何にでもあう。餃子なら、そのラー油と酢で食べられる、まぁ醤油ちょっとたらしてもいいんじゃないか?と言う。
私の父は、餃子を食べるとき、世にもくせー液体につけて食べていた。万年筆のインクといっても信じられるまずさだったが、あれは今思うと香酢だったんだろう。そういえば、中国の酢といっていた。なので、香酢とそのラー油で餃子にあらたな地平がひらかれるかもしれない。・・・ある日、CDが2枚組であったことに気がつくような、新しい地平。
さて、ラー油。ふつうのと、ペンギン食堂(石垣島の有名らしいレストラン)製があるらしい。どちらもわしたショップなど、沖縄物産を商う店で売ってるらしいさびーん(沖縄弁)。
[PR]
by shimamelon | 2005-09-20 21:10 | 部員日誌
昨日は満月だった。
住処より2時間程度のとこにいて、数人で夜、満月を見に行くとなにやら大人数のグループがすでに騒いでいる。
どうやら彼らも月見をしているらしい。昨日はとっても月がきれいで、街頭を全部消してほしいと思うくらいだったので、私たちより他の人もうれしいのだ、と思うとうるささよりも楽しさが先立つ。
「もしかしたら彼らは狸なんじゃないか?」
そのあたりは狸の映画の舞台になったあたりだったので、あながち・・・なんてばかげたことを言っているのもメンツと、たぶん、月のせいだ。
しかし、狸じゃなかったのだ。
なぜ、わかったかというと、今朝、同じところを歩いてみたら、たーくさんのゴミがちらばっていたから。
緑の芝生にはえるコンビニの袋や空き缶。なんかポスターみたいだった。
[PR]
by shimamelon | 2005-09-19 22:34 | 季節を感じとる