マーマレードを塗ったくり、なんの役にもたたぬことを考えつき続けている


by shimamelon
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

a0024400_11301263.jpg

あー花火の季節だよね。それよりそのポストカードってなに?
あ、ハイナンっていうのは店の名前です。
[PR]
by shimamelon | 2006-07-27 11:30 | 部員日誌

帰っています。

旅行から帰ってきている。
帰ってきてからモーレツな時差ぼけが始まった。今日も会社遅れた。
明日の健康診断、ちゃんといけるだろうか・・・8時半になんか遠いところ・・・。

そのうち、ちゃんとアップします。一人でいった、南の島とか。
[PR]
by shimamelon | 2006-07-27 01:08 | 部員日誌

出発

a0024400_11135776.jpg

旅行に行く。成田第一の新しい方(南ウィング)だ。
[PR]
by shimamelon | 2006-07-14 11:13 | 部員日誌

ドラクエ1の方角か?

先月あたりに取引先との飲み会にて、他社の男子(といっても30才台だと思う)が、でかい手で握りこぶしをつくりながら、手の甲の指の付け根のコブをたよりなく指差しながら、「あの、あれ・・・これ・・・」などといっている。そしてその会社の人は皆「あーあれ・・・あれ・・・」と、何か思い出せない様子。
彼らが思い出したかったのは、「ニシムクサムライ」、小の月(31日までない月)の覚え方だ。私が、その会社の部署へのメールで書いた、らしいのだ。その「ニシムク・・」を知らなかった彼らは、何々?あーそういうこと?わー便利ー!となって、飲み会の席で「あれオモロイですね」といいたくて、でも忘れてしまったのだ。ちなみに、手の甲の指の付け根のコブ(これなんていう名称?)で山と谷を数えながら見分けるやり方もあるので、それが冒頭の握りこぶしにつながったわけだ。
しかしその飲み会、7人いて、いずれも30才以上であったが、そのうち4人が知らないのだ。えー?そんな割合?

という話を昨日別の取引先でしていたら、その人も知らない。
「ニシムクサムライ?」
「あー、侍が西を向けば・・・?」(尻尾は東、ですか?)
「ドラクエ1で・・・壊れてたりして!」
(解説しよう ドラクエ1というゲームは方角が大事なのだ)

まぁそれで最近ニシムクサムライを説明すること、多いです。
二四六九まではともかく、やはり、十一をあわせると、武士の士の字になって、のあたりが難しい。いっそ、ニシムクプラスマイナスにしてくれればよかった。
[PR]
by shimamelon | 2006-07-13 10:30 | 言葉の冒険

秋田の新聞

秋田には「秋田魁新報」という新聞があるが、そのウェブ版が「さきがけ on The Web」だ。
「魁!男塾」みたいだ。
[PR]
by shimamelon | 2006-07-12 21:06 | 部員日誌
a0024400_199231.jpg

前略 みちの上より、上野の。
[PR]
by shimamelon | 2006-07-07 19:09 | 部員日誌
a0024400_11342127.jpg

季節行事に敏感。商売繁盛とか書かなくていいよね。
[PR]
by shimamelon | 2006-07-05 11:34 | 部員日誌
テンショクすることにしたので、旅行しようと思っている。
しかし旅行の情熱が下がっていて、どこにいくか決められない。
しかし、どこに行くにしても飛行機代が10万くらいだ。ブルガリア、デンマーク、イスタンブール、ローマ、モロッコ、ブラジル・・・。
なぜ!ブラジルまで!と思ったが、そうだ、ブラジルは今冬。寒いんだな。

そういえば、ブラジルに住んでた人に聞いた話。
ブラジルは、ほとんど英語どころかスペイン語すら通じない。
英語が通じないレベルが「スプーン、フォーク」までが通じないそうだ。
[PR]
by shimamelon | 2006-07-05 09:29 | 部員日誌

弟の結婚

もうすぐ弟が結婚するのだが、そのモロモロがおかしい。
まず姉の夫
「平服でおいでください」の一言に、何をきていけばいいのか真剣に悩む。以下姉のメール引用。
■■(姉の夫が)何を着ようとか悩み始めたので、「式服でいいと思うよ」
と言ったら、「一応、▲▲(弟の名前)に聞いてみて。」とか言う。
▲▲にそんなこと聞いてもムダなのに・・。と思ったが
さっきメールしてみたら、「これが「俺の平服だ!」と言えばいい。」
だってさ。禅問答じゃないっつーの。
一休さんの桔梗やさんも、さぞかし、いらいらしただろう。とこの年になって思う。
こんなのもみつけた。
桔梗やたたき

そんなこと悩んでる大人がいるんだよーって同僚に話したら、以下同僚の意見を姉に送る。
「お兄さんでしょ?じゃースーツでしょう。ちょっとオシャレなビズシャツで、ネクタイなし」
とのこと。
「礼服でネクタイなしはだめなの?」と質問したら「それはだめ」とのこと。
理由は帰り道みたいだから。袋の中みないと、結婚式か葬式かわからないので、
ダメだ、とこのでした。

ちなみに弟は結婚式でケーキカットをしないんだそうだ。
理由は、「あんな小さいケーキいらないじゃん」とのこと。
ケーキカットをしたケーキはたくさんの人にわけるから、どうしてもケーキが小さくなる。あんな小さいケーキくばるくらいなら、デザートを1つ多くした食事を、と思うらしい。妻になる人も「いらないよね、あんな小さいの」と言っているらしい。
吉田戦車のマンガで、「文庫本が小さい、なんて小さいのかしら!」と嘆くOLがいたけど、そんな感じだ。
[PR]
by shimamelon | 2006-07-04 15:58 | 部員日誌