マーマレードを塗ったくり、なんの役にもたたぬことを考えつき続けている


by shimamelon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
あるニュースをみたいなーと思ってまわしていたら「報道ステーション」、ゴミ分別について東京都のとりくみを放送した後、コメンテーターが物憂げな顔で「エコにたいしてもっと敏感にならんと」という発言の後、古館一郎は「そうですね、輸入食材についても同じことが言えると思います」とか言ってた。わー関係ねー。
輸入食材を入れると、輸送費がかかって石油が無駄になるという論法が最近あるけど、例えば秋田から、九州から、野菜やら魚とかを運ぶとしよう、電車かね?冷蔵とか冷凍はしなくていいのかね?農業そのものに費やす石油はどうなんだね?
国産に限る限るという人があるけど、日本の農薬だったら日本人に害が少ないのかねぇ。
そんなに信頼できないんだったら、自分で作って、それだけ食べてろ。
いや、古館一郎ごときに何むきになってるか。どうも、穴ほって自分の頭つっこむような傾向があるな、仕事なしになってから顕著で困る。

そういうえば、米原万理の本に書いてあったけど、「ロシア人の土いじり」について。
ロシアでは、ダーチャという小さい農地で食べ物を作る習慣があるそうで、「ロシア人は週末に土いじりをして自分を取り戻す」という人もあるんだとか。ソビエト崩壊の食糧危機を乗り越えたのは、実はダーチャの力もあるとかないとか。
振袖と大根の交換をしたくないなら、自分で作れ、か。

カレルチャペックの「園芸家12ヶ月」は、主に花だけども、実のつくものも、とにかく植える。隣の生垣沿いに植えるならばスイカがいい、だったかな?メロンだったかな?
理由は隣の人が食べられるから。
[PR]
# by shimamelon | 2008-02-13 10:42 | 部員日誌
X-Japanの表記がこれであってるか、よくわからないまま書きますが、たしかまだらの記憶をたどると、1人が亡くなり、1人が真っ白な服着て宗教家になったようなようなことになってたと思うんだけど、違いましたっけ?
さっきラジオで知ったのだが、なんだかコンサートをやるという。大層チケットが売れているそうであるが、そのコンサートのタイトルが、1日目が「破壊の夜」、2日目が「創造の夜」とか言うそうだ。破壊と創造、ビジネス書みたい。あ、ビジネスか。
[PR]
# by shimamelon | 2008-02-12 17:07 | 部員日誌

狐と狸の狂言

横浜能楽堂というのがあるのを知らなかったんだが、そこが、狂言の普及を目指して公演をしている。2000円で2演目。おとくだー。そもそも狂言だけの公演がなかなかないと思っていて(能とセットが多い)、それもうれしい。
横浜みなとみらい、桜木町駅をはさんで反対側に掃部山公園というのがあり、その中に音楽ホールとか図書館とかが並ぶ。大学みたいだ。
さて、2月11日の演目は、「佐渡狐」と「隠狸」。
最初に、狂言の簡単な解説がはいる。曰く、動物がでてくる狂言の中で牛馬犬狐狸といろいろあるが、どれが突出して高いかというと、どれも同じくらいなんですねーというのが面白かった。ネコはないんだなぁ。
隠狸の方が笑ったかなー、変なお人形抱えてるし、酒を飲む様があったり。

狂言の最後って、ドラえもんに似てるよね、と夫に言ったが同意は得られず。
展開をうけて「こらーのび太ー」「どらえもーん」と走りつつ終わるようなところが似てると思うんだけどなー。
[PR]
# by shimamelon | 2008-02-12 14:39 | 部員日誌
いやー、それにしても書けなかった。
今日の日経のおまけ(土曜版)の1面、毎回なんらかのランキングになっていて、もうここ数年「ランキングで露出」というのは大層定着した手段であるけれども、数の多さ、例えば売上高とか回答の多さは昔からだけど、「どの細工が一番すごいか」とか「どれが一番美味か」とか、それは主観なのでは?というようなものも、第3位!2位!1位!とやってる気がする。
それで、漢字の話
まぁ、書いてごらんなさいって。下記のカタカナ部分を漢字で書け、と。

■小学校で習う部門
1.人工エイ星
2.支払いはセッ半で
3.交通ヒ
4.楽器演ソウ
5.サク略
6.ユウ位に立つ
6.イ伝子
8.ム中になる
8.ウラ表
10.いいエ顔
10.カク悟する

■常用漢字部門
1.児童ギャク待
2.心をイやす
3.人権ヨウ護
4.推セン入学
5.和洋折チュウ
5.ハ権争い
5.ボウ大な財政赤字
8.遊ギ施設
9.贈収ワイ
10.注意カン起

問題の前についている数字はランキングです。
私の場合、常用漢字部門が壊滅的でした。実は、小学校で習うは大抵できたんだけど、「ウラヒョウってなんだ?」とちょっと迷った。朝だったから、ということにしとこうかな。

それにしても年末にやる「今年をあらわす漢字」、あれも漢字検定がやってるんだよね。日経にシリーズ広告で漢字検定が著名人の話をきく全面広告を出している。検定業は儲かるとは聞いたことがあるけど、露出も上手なんじゃないか?と思っている。

「学力が下がった」=ヒトとしてどうかしている(バカドルを面白がるような)というような図式がどうも成り立っているような気がしていて、そこらへんのツボをついていると思う。
知識はあるに越したことはないけど、それが人間性と等式で結びつくとは必ずしも言えないのではないか?とも思う。
[PR]
# by shimamelon | 2008-02-09 11:26 | 部員日誌
日経の連載小説「望郷の道」を、相変わらず毎日読んでいるんだが、ちょっと困惑するのがお金の価値。話は明治時代中期という設定のはず、単位は当然「円」、しかしなんか違うのだ。
記憶に基づいて、順不同でお金の部分だけを取り出して書くと、
・正太が台湾に行くときに、貨物船の缶焚き(かまたき)として渡ったのだが、その給金が10円(期間は1週間から10日くらいだったかな?)
・ルイが、金庫に手をつっこんで、ぱっと使ってよかったお金が400円。
・正太が、台湾において賭博で100円儲ける、それで家財道具を買った、そんな自分がいやだった。
・小副川で賭場を開いた時、近くにある賭場と競合しないように、上限を5円とした。
・200円くらいたまった正太に、銀行員の岩村が「同額くらいならお貸し出ししますよ」と言う。
・ルイが出した700円を銀行に預け、それをもって銀行に行き、「これまで5円、10円と預けてきた人間が突然で驚いたでしょう。しかし、私は地道に・・・云々」で、1000円貸して欲しいと要望。
・会社が1400円で売りにでている。それを1200円でなら買うという。
暫定で、全部1000倍して読んでいる。

昔、じいちゃんに習ったんだが、「1円あれば、6人家族が1日暮らせた」というなんとも曖昧なもの。そして、それが明治時代だったか、戦前だったかを忘れてしまったのだ。
子供の時「え?たったの1円で?昔の人はどうってるんだ?」と思った記憶だけが鮮明。ただ、これと一緒に「銭、厘、分」(厘、分の順番は忘れた)も習ったので、明治時代かもしらん。
優、良、可、不可なんていうのも習ったなぁ。
[PR]
# by shimamelon | 2008-02-08 10:21 | 部員日誌
今日は、エイミイの更新はわしの番でした。
鬼について、ここ半年くらい考えていたことをちょっと書いてみた。あいかわらずおっさんっぽいわー。内容も文体も。
ところで、最近はみなさんあまり豆を撒かないようですね。理由は掃除が大変だから。
たしかにねー。
恵方巻きのことは、もう言うのも恥ずかしいくらいだけど、どうも節分の習慣も地域によって色々あるようですね。「福は内」しか言わない、とか。
外と内っていう言い方も、どうも排他的な感じがするよね。鬼も福もそこらへん!って言えばいいと思う。そこらへんにあって、いつでも誰でも享受できる。発想が共産主義っぽいかな?いや、わざわざそれは豆撒いて叫ばなくても、現実世界か。鬼も福もそこらへんにある。取るか取らないかは、自分の選択だ。なんかヒラリークリントンあたりの言葉と言われれば信じそうですな。信じないか。

次は、馬についてにしてみようかなー。それとも鹿についてかな?
[PR]
# by shimamelon | 2008-02-08 07:48 | 部員日誌

ダイエットと年収の相関

今日の日経、ダイエットをする人が減ってるらしい。
ざっくり書くと、下記のような内容。
・最近の若い女性は「体重を減らす」ことにはあまり興味がなく、健康的でグラマラスな体型を目指しているため。
・年収別で見ると、世帯年収500万~800万は10%程度しか減っていないが、同500万以下は20%ほど減っている。
・男性は増えている。見た目を気にする若年層と、メタボリックを気にする層など。
気になるのは、2番目。
そんなにお金かかるの?ダイエットに?
つまり、ただ痩せるだけではないので、絶食はダメだとして、
「健康的でグラマラスな体型」になりたいんだから、ジムに行ったり、ピラティスとかホットヨガになるわけか。ピラティスって1回8000円くらいだったかな、3年くらい前に調べた時の記憶をもとにしてますが。
あと、どんなダイエット法が流行ってるのかしら?
「骨盤」もすっかり定着した感がありますけど、あれもそういえば、ちゃんと施術をうけるとなると数回通うのに10万円とかかかった記憶があるな。

いや、まてよ。
「ダイエットをしている」と言うのがイマドキじゃないんじゃないか?
生活習慣に様々なコダワリ(気をつけていること、程度の意味)を持ってすれば、ブヨブヨとは太らない。何を減らす、一定のエクササイズをするなどが、流行ではないのかもしれない。

数字やデータは気をつけてみないとね。
[PR]
# by shimamelon | 2008-02-07 11:39 | 部員日誌
ヒマを見込まれて、ある講演のテープ起こしの依頼をうけた。
その講演を聴きたかったのにちょっと予定があわなかったような事情もあり二つ返事で。
テープといってるけど、インターネット上にあがってるMP3データを文字にするんで、MP3起こしって言った方がいいですか?
しかし、この作業もなかなか難しいですね。
絶対聞き取れない言葉はほっとくとして(あとで校正もあるし)、聞いている限り、冗談で言ったとわかるけど字にするとそうじゃないように見えてしまう人もいるだろう。

メールだけでやりとりしてると、たいしたことない問題も大きくなってしまうことがある。
メールの方が確実にやりとりしてるように思えるのだが、結局「絶対伝えたいこと」は面とむかって話し合った方がいいことが多い、と会社員時代、何回も経験した。

きっと、「(笑)」とか使えばいいんだろう。
あー、(笑)が嫌いだ。
でも、冷静に考えよう。私は、自身の文章に笑いを強調するように使う「(笑)」が嫌いなのだ。
本当に、会場が笑っている様子を表すんだったら、いいじゃないか。

今、間違えて音楽聴き始めたので、あー音楽きいたら講演の音ききにくいじゃん!と思ってついでに休憩。まだ全体の10%もすんでないんだけどな。
[PR]
# by shimamelon | 2008-02-05 11:10 | 部員日誌

ぬたエンタープライズ

かねてから「ノミトモプランニング」という会社名にしようと言っていたが、それはどうなのか?あだ名でいいんじゃないか?でもNはつけたい、粘りがあるから納豆菌がいいんじゃないか?と言っていたが、その会社はもう既にあったような気がする。いや、ドメインがもう満杯だったのだ。じゃ、「ヌタ」でいいんじゃないか?うまいし。
そういえば、「プランニング」とつく会社にはあやしいのが多いといってる人がいた。あやしいと思われちゃ大変だ、しっかりしてないんだから、その上アヤシイなんて。じゃ、エンタープライズにしよう。ホールディングスでもいいけど、スタートレックはエンタープライズ号の話だし。
と、飲みすぎの翌日、頭痛をこらえながらの会話。
他にも
「ネタミドボスっていう毒薬なのか。ネタミでっていう由来か?」
 →本当は「メタミドホス」らしいですな。
「『素粒子』と『ソリューション』は似てるねー。語源同じかな?」
「マケイン候補は負けた方がニュース的には面白いだろう、『マケインのまけ!』って」
 →でも『負けるが勝ち』っていうどうしょもない言いまわしももあるけど。
「ドーはドーナッツのドー、レーはレモンパイ、ミはみかんゼリー、ファはファンタのファー、ソはソフトクリーム、ラは落雁、シはシナモンレーズン。」
この中で一番思いつくのに苦労したのは、「ソ」。携帯電話の変換候補に「ソフトバンク」というのがあって、それでやっと思いついた。

ぬたかエンタープライズかどうかはおいといて、なんかサイトたちあげようとしてるのは事実です。
[PR]
# by shimamelon | 2008-02-04 12:50 | 部員日誌

冷凍レバニラ

語呂がいいというか、言ってて気持ちいいような言葉ってあるよね。
数日前の日経にも「ブリックス!」って名前がいいよね、みたいなこと書いてあって、わかるわかるー!なんて思っていたんであった。実は、BRICsは、BRIICs(ブリークス)になる可能性もあったんだとか。インドネシアがはいるかもしれなかったんだけど、成長がそれほどまでにならず、はいらなかった、と。

ともあれ「レートーギョーザ」も言いやすいんだと思う。「チューゴクセー」もある意味記号だ。
[PR]
# by shimamelon | 2008-02-01 11:26 | 言葉の冒険