マーマレードを塗ったくり、なんの役にもたたぬことを考えつき続けている


by shimamelon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:スペードの女王 ( 1 ) タグの人気記事

お誘いあって、チャイコフスキーのオペラ「スペードの女王」をみてきた。
チャイコフスキーのバレエはともかく、オペラ自体はじめてで、知ってる曲も1つもなさそう・・・とちょっと心配していた。
しかも、その前に、日本酒を1合ちょっとあけているのだ。
その日本酒開けてる店とは、三城(さんじろ)という蕎麦屋。
悪魔のようにうまい蕎麦。薬味もうまい、漬物もうまい。だまって出てくる日本酒も、常温で、むっちゃうまい。危ない店だ。

小澤征爾って、指揮する前は、髪の毛整えてるんだなぁ。
でも1幕目の2場では、もうボッサボサ。そして、その後は整えずにボッサボサのまま指揮をする。
内容はね、最初は「なんかくれーな」と思ってたんだけど、面白かったのです。
簡単に言うと、暗くて一本木なオトコが賭博にはまって狂っていくという話。2幕目くらいからむっちゃむちゃ面白くなってきて、繰り返される旋律も、場に迫ってくる、オペラの醍醐味。おもしれー。
この松本にある まつもと市民芸術館というのは、サイトウキネンのイベントのためにつくられたようなものらしいのだが、なんか立派な箱なんだよねー。
そして、舞台の奥行きが、奥行きと横幅の比率を間違えたのか?と思うほど深いの。
結構席数も少なくて、これで採算とれてるんだろうか?舞台の登場人物も多いぞ。

なんか、贅沢な時間をすごして、その後11時から肉たべたりして、楽しく過ごした週末でした。
[PR]
by shimamelon | 2007-09-03 18:06 | タビキ