マーマレードを塗ったくり、なんの役にもたたぬことを考えつき続けている


by shimamelon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

モンキー、福岡、他

柴田元幸責任編集「モンキービジネス」
面白そう!
でも、第一回は野球特集らしいんだが、私は野球はそんなに好きじゃなくてどうしようか、とりあえず本屋か。
私は、「サル」というと、「さる、さる」(猿、去る)という五味太郎の絵本を思い出す。あ、「さる・る・る・る」だ。

しっちゃんに教えてもらった福岡 地下鉄ICカードの名称 「はやかけん」
なんというか、ラフのような出来上がり。誰かが暫定で書いたものがそのまま出来上がりまでつっこむ人がいなかった、ような感じだけど、わかりやすくていいのかな?ひらがなだし。JRの「カ」より。
そして、名前の由来は、アイウエオ作文。

私が働かなくなって、あきらかに夫婦仲が険悪になっているような気がする。
険悪の雲が家にある、って感じかなー。対策を講じねば。
状況がわるくなってからの対策って、空回りすることが多いよね。働いた方が早いようにも思うぞー、就職かー、ぼんやり起業してる場合じゃないのかな・・・。ぼんやり起業が波に乗ったら就職した方が・・・あれ?なんかおかしい。

そういえば、会社員の時に「円滑な会話のための用語集」を作ってたんだった、脳内に。
それ、貼っておこうかな、家に。
あ、そうだ、とりあえずこれをエイミイに書くか!
[PR]
by shimamelon | 2008-04-16 09:01 | 部員日誌

望郷の道

働いている頃、一人称を「おかあちゃん」とすることがあった。
「おかあちゃん、営業いってくるよ」
「おかあちゃんは、あんたをそんな風に育てた覚えはないよ」
といった具合。後者は「いや、育ててもらってませんから」とよくつっこまれた。
しかし、おかあちゃんはおっさんでもあった。会社はヒゲの温床。今パラサイトだからヒゲの育成は遅くなったけど、やはり一度生えたひげはそうそうひっこむもんではない。

「望郷の道」
日経の新聞小説だ。
北方謙三、たしか、昔、ホットドックプレスという雑誌で人生相談みたいなことをしてた。男気いっぱい、これは何?お笑い?といった回答郡。
「俺に言わせりゃ、お前の悩みなんて、もやしの屁だ」
「お前も男だろ、くよくよしてるだけなら、切っちまえ」
(以上は、適当に作ってます)
そんな感じのハードボイデュドなものなの。でも、笑えるの。
北方謙三が、時代小説を書いていることは、知っていた。宮部みゆきの時代小説のあとがきを書いていて、それぞれ杉浦日向子さんを師事してるようなことを書いていたと思う。もしかしたら杉浦日向子さんの本のあとがきだったかもしらん。
それを読んだとき、文章も面白いし、師事してる人への尊敬が素直に読み取れて、面白いかも、と思ったのだ。でも彼の本は読んだことがなかった。
そして、日経。私の愛読紙。
日経の新聞小説といえば、「失楽園」など、渡辺淳一先生?の下品な半エロ小説が有名だったけど(これも未読)、ちょっと前までやっていた堺屋太一のチンギスハンの小説も話題だったようだ。面白そうだけど、毎日ちょっとづつ・・・というのがどうも苦手で読んでなかった。
ところが、この「望郷の道」。
気が付けば毎日、新聞をひっくりかえして読むはまりよう。(新聞小説は新聞の一番最後のページにある)
内容は、九州の侠客の話、とまとめてますが、まず、ルイ(実際は漢字)という女親分と正太という入り婿の組み合わせ。ルイは、細かいことはできないけど、豪気で部下から大層信頼をうけている。正太のまっすぐで、でもコマゴマとした商売人と侠客の両立された設定、両者は信頼しあって、また、部下の侠客達の設定も面白い。

登場人物は九州の言葉でしゃべっている。当たり前ですね。
私は、祖父と祖母が佐賀の出身で、なんとなく方言が残っていた。
そのイントネーションを思い出しながら読むと、またいいの。

この小説、ちょっと想像だけど、女性はルイに、男性は正太に視線を置きながら読むんじゃないか?と思う。
ペアダンスみたい。私なんぞは、へたくそなりにダンスを見るときは、やはり女性をみてしまう。手の使い方、足さばきとかね。ところが男性は、やはり男性を見てる確率が高いらしい。
そういえば、男性は一般に「女子が主人公の話なんて、興味ねぇ」という意見も聞いたことがある。女性は、一般に、そこまで極端じゃないけど、やはり女性が主人公もしくは女性にやさしい男性の話の方が読みやすいのではないか?

今日も読んだ。きっと明日も読む。
新聞小説なんて、本当におっさんみたいだけど、もうしょうがない。生えたヒゲはひっこまないのだ。
[PR]
by shimamelon | 2007-11-16 08:24 | 部員日誌
Suica、ICOCA、TOICAに続け──JR九州、ICカード乗車券を導入
JR東日本が「Suica」、JR西日本が「ICOCA」、JR東海が「TOICA」、JR北海道がKitaca(キャラクターがかわいい)に続いて導入予定。
さて、名前は何になるかな?
「ナンカ」
じゃないか?
九州は南の方だし。
博多が有名だから「ハタカ」っていうのも考えたけど、裸みたいだし、それはないか。
「モツカ」
モツ鍋ばっかり食べてるらしいし。でもそれも「貨物」みたいだ。
「ウマカ」
おいしいの九州語。でも食べ物じゃないし。
「カッカ」
なんかそこらじゅうに火山があるし、閣下みたいだし(だから?)
「ハヤカ」
あ、これあるかな?「早かねー」って聞こえてくる。
でも「早川さん」みたいだ。サザエさんにでてくるカツオの同級生の女子の友人の苗字。
[PR]
by shimamelon | 2007-06-21 18:37 | 部員日誌