マーマレードを塗ったくり、なんの役にもたたぬことを考えつき続けている


by shimamelon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:日経読み ( 23 ) タグの人気記事

安易さん

・団塊マネーを狙う
・案外、PCへのリテラシーが高い(若い人達は携帯中心なので)

ということで、団塊向けの雑誌とかウェブマガジンがありますが、どうなんでしょうねー。
まず、団塊の世代は、そんなにはお金を持ってないという説がありますよね。子供達への援助、家とかね、などがあるので。ちなみに、子供のマーケットは、ジジババマネーに支えられてるという説がある。

結局、趣味別の方がいいと思うだよなー。
蕎麦、俳句、農園、などね。
「旅行」も、興味情報としてはあるんだろうけど、1年に2回がいいところだと思うしなー。もっと行ったとしても、旅行仲介業は単価にたいしての儲けが少ない。

ヤフーとセブンイレブンが、20代などを中心に(セブンイレブンの中心顧客層)に媒体を立ち上げる、そのコンテンツが「トレンド情報や芸能ニュース」、この年代にはこの情報ってことだ。
女性向けなら「芸能、占い」、主婦向けなら「節約」とかね。
結局、支持されるのかもしれないけど、そういうの、飽きましたな、私は。

そういう時、こういうのを読むと、ぞっとするけど、面白い、ヒトゴトだしね。
「50代男性の女装」
「誰にも迷惑をかけないので放っておいてくれ。偏見を持つ方がおかしい」と激怒。
迷惑ってなんだったかなーと思うよ。
[PR]
by shimamelon | 2008-03-13 09:39 | 部員日誌
いやー、それにしても書けなかった。
今日の日経のおまけ(土曜版)の1面、毎回なんらかのランキングになっていて、もうここ数年「ランキングで露出」というのは大層定着した手段であるけれども、数の多さ、例えば売上高とか回答の多さは昔からだけど、「どの細工が一番すごいか」とか「どれが一番美味か」とか、それは主観なのでは?というようなものも、第3位!2位!1位!とやってる気がする。
それで、漢字の話
まぁ、書いてごらんなさいって。下記のカタカナ部分を漢字で書け、と。

■小学校で習う部門
1.人工エイ星
2.支払いはセッ半で
3.交通ヒ
4.楽器演ソウ
5.サク略
6.ユウ位に立つ
6.イ伝子
8.ム中になる
8.ウラ表
10.いいエ顔
10.カク悟する

■常用漢字部門
1.児童ギャク待
2.心をイやす
3.人権ヨウ護
4.推セン入学
5.和洋折チュウ
5.ハ権争い
5.ボウ大な財政赤字
8.遊ギ施設
9.贈収ワイ
10.注意カン起

問題の前についている数字はランキングです。
私の場合、常用漢字部門が壊滅的でした。実は、小学校で習うは大抵できたんだけど、「ウラヒョウってなんだ?」とちょっと迷った。朝だったから、ということにしとこうかな。

それにしても年末にやる「今年をあらわす漢字」、あれも漢字検定がやってるんだよね。日経にシリーズ広告で漢字検定が著名人の話をきく全面広告を出している。検定業は儲かるとは聞いたことがあるけど、露出も上手なんじゃないか?と思っている。

「学力が下がった」=ヒトとしてどうかしている(バカドルを面白がるような)というような図式がどうも成り立っているような気がしていて、そこらへんのツボをついていると思う。
知識はあるに越したことはないけど、それが人間性と等式で結びつくとは必ずしも言えないのではないか?とも思う。
[PR]
by shimamelon | 2008-02-09 11:26 | 部員日誌
日経の連載小説「望郷の道」を、相変わらず毎日読んでいるんだが、ちょっと困惑するのがお金の価値。話は明治時代中期という設定のはず、単位は当然「円」、しかしなんか違うのだ。
記憶に基づいて、順不同でお金の部分だけを取り出して書くと、
・正太が台湾に行くときに、貨物船の缶焚き(かまたき)として渡ったのだが、その給金が10円(期間は1週間から10日くらいだったかな?)
・ルイが、金庫に手をつっこんで、ぱっと使ってよかったお金が400円。
・正太が、台湾において賭博で100円儲ける、それで家財道具を買った、そんな自分がいやだった。
・小副川で賭場を開いた時、近くにある賭場と競合しないように、上限を5円とした。
・200円くらいたまった正太に、銀行員の岩村が「同額くらいならお貸し出ししますよ」と言う。
・ルイが出した700円を銀行に預け、それをもって銀行に行き、「これまで5円、10円と預けてきた人間が突然で驚いたでしょう。しかし、私は地道に・・・云々」で、1000円貸して欲しいと要望。
・会社が1400円で売りにでている。それを1200円でなら買うという。
暫定で、全部1000倍して読んでいる。

昔、じいちゃんに習ったんだが、「1円あれば、6人家族が1日暮らせた」というなんとも曖昧なもの。そして、それが明治時代だったか、戦前だったかを忘れてしまったのだ。
子供の時「え?たったの1円で?昔の人はどうってるんだ?」と思った記憶だけが鮮明。ただ、これと一緒に「銭、厘、分」(厘、分の順番は忘れた)も習ったので、明治時代かもしらん。
優、良、可、不可なんていうのも習ったなぁ。
[PR]
by shimamelon | 2008-02-08 10:21 | 部員日誌

ダイエットと年収の相関

今日の日経、ダイエットをする人が減ってるらしい。
ざっくり書くと、下記のような内容。
・最近の若い女性は「体重を減らす」ことにはあまり興味がなく、健康的でグラマラスな体型を目指しているため。
・年収別で見ると、世帯年収500万~800万は10%程度しか減っていないが、同500万以下は20%ほど減っている。
・男性は増えている。見た目を気にする若年層と、メタボリックを気にする層など。
気になるのは、2番目。
そんなにお金かかるの?ダイエットに?
つまり、ただ痩せるだけではないので、絶食はダメだとして、
「健康的でグラマラスな体型」になりたいんだから、ジムに行ったり、ピラティスとかホットヨガになるわけか。ピラティスって1回8000円くらいだったかな、3年くらい前に調べた時の記憶をもとにしてますが。
あと、どんなダイエット法が流行ってるのかしら?
「骨盤」もすっかり定着した感がありますけど、あれもそういえば、ちゃんと施術をうけるとなると数回通うのに10万円とかかかった記憶があるな。

いや、まてよ。
「ダイエットをしている」と言うのがイマドキじゃないんじゃないか?
生活習慣に様々なコダワリ(気をつけていること、程度の意味)を持ってすれば、ブヨブヨとは太らない。何を減らす、一定のエクササイズをするなどが、流行ではないのかもしれない。

数字やデータは気をつけてみないとね。
[PR]
by shimamelon | 2008-02-07 11:39 | 部員日誌

冷凍レバニラ

語呂がいいというか、言ってて気持ちいいような言葉ってあるよね。
数日前の日経にも「ブリックス!」って名前がいいよね、みたいなこと書いてあって、わかるわかるー!なんて思っていたんであった。実は、BRICsは、BRIICs(ブリークス)になる可能性もあったんだとか。インドネシアがはいるかもしれなかったんだけど、成長がそれほどまでにならず、はいらなかった、と。

ともあれ「レートーギョーザ」も言いやすいんだと思う。「チューゴクセー」もある意味記号だ。
[PR]
by shimamelon | 2008-02-01 11:26 | 言葉の冒険

腐りかけた肉は金

賞味期限切れの肉をミンチにして利益を得ていたミートホープ元社長の供述。「ミンチにしてしまえば誰もわからない」と。
ちょっとした名言だ。
絵本にもなりそう。
なんかのきっかけ(禁止されてる実を食べたとか水飲んだとか、魚じゃなくて人になりたいと願った)で多いに狂った心をもつようになったタナカミノル。彼が触った肉は腐る(しかし食うし食わせる)、清潔な水に触れると痛がる。周囲の人は怖がるけど逆らえない、一度腐った肉を食べると、どんどんお腹が減る、やめようと思えばやめられるのだが、そばに腐った肉なら山ほどあるので、食べてしまう。
地獄っぽい話だが、結構身近な事件だったよね。
[PR]
by shimamelon | 2008-01-29 08:57 | 部員日誌

DASH食

日経土曜版に新居先生という医者の食と健康っぽいコラムを掲載している。簡潔で面白い。
アラーイー先生って呼んでるんだけど、シンキョさんかもしらん。
その先生のコラム、先日は「DASH食」について書いてあった。

・高血圧防止には塩分コントロールが1番となってるが、実は、食事の組み合わせの方が大事。
・魚、ナッツ類、きのこ類、野菜をバランスよく食べること。

でも、そのバランスがどうよければいいんだ?先生、アラーイーよ。
と思って、ひとまず安易に検索してみたところ、非常に難しい。上記に加え、鶏肉が加わったくらい。ただし、鶏肉の脂分はのぞく、脂肪分は制限せよということみたいだ。つまり、これは、「食事療法」の一種らしい。
いや、もう、いい。
そもそも、「鉄腕ダッシュ」に名前が似てるだけの興味だったような気もする。

すでに、「●●さえ食べていれば」と、既存の食材を持ち上げて、血液サラサラだのやせやせだの言われなくなった様子。あのような番組のつくりって、幸運になる石とかの通販の広告に似てる。曰く、「恋人ができて、宝くじがあたって、成績があがって、胃炎もなおって、借金も帳消しになって、仕事も増えて、逆立ちもできるようになりました!先生、ありがとうございます!」みたいなやつ。
テレビ番組の方はかわってきたみたいだけど、ああいう広告って10年一日のごとく変わらん。本当に儲かるんだろうか?
[PR]
by shimamelon | 2008-01-28 10:36 | 部員日誌

まだら認識

日曜日の日経に絲山秋子がワカサギ釣りについて書いていた。彼女は不器用なんだそうで「普通の人が手袋をしている状態」と。さすが作家さんだなー、そうそう、手袋してる感じなの。なんでも下手だよ。ちょうむすびも缶詰あけるのも。

あと、不器用とともに困るのは「うっかり」。
これについては、もうコンテンツでも立ち上げるかと思うくらいなんだけど、普通に考えるとほぼ日の「読みまつがい」みたいな話。
最近、どんどん読み間違いというか認識能力に問題があるとしか思えなくて、新聞に「井上陽」と書いてあるなー会社の名前かな?と思っていたら、「非上場」だった、とか。
昨日も携帯メールで「こうけいむとう」って変換できないなーと思って変換し終わっても何かが違うぞーと思ったら「こうとうむけい」じゃん!本当は。あーずっと間違えてたー。どっちにしろ変換は1つ1つしたけど。荒い、唐津、無し、稽古って。
[PR]
by shimamelon | 2008-01-21 11:16 | 部員日誌
リンゴジュースに寒天をいれて食おうと思ってたんだが、あたためた時点で待ちきれず口にしてみたらうまい。これに負けずに寒天をいれると、徐々に固まるうまさ。やめられないわー。

ブログに何か書くと「もう何かやった!」と思って他のことを怠ける傾向があるように思いやめていたが、やめてもなにもやらん。
いや、やろうと思ってることに行き詰まってるのです。プログラムよ・・・そのうち新体詩でも作りそうだ。行き詰まるプログラムに雪は降り積む。ダジャレにもなっちょらん。雪もふっちょらん。

教会学校の工作用にカレンダーを作っていた。
数え間違えて半分しかできてない。買い足すわけだけど、ちょっと余る。余った紙で手帳でも作ろうかしら?手帳にコダワリを持つのも世の流れみたいだし。大丈夫、目標作る欄なんか設けないわよ。でも平成何年かはつけよう、毎年いや毎日忘れるからね。

正月の日経を読んでいたら、「落ち目まっしぐらの日本」論であった。
うん、そうだよね。でも日本企業の株が全部だめなわけじゃないんだけども、とりあえず老後ニュージーランドに半年くらい住みたいと思ってた希望は難しいかもしれない。
夫と「じゃ、どこ住む?浦賀?」と話す。あ、話してたのは私だけなんだけど。
浦賀と久里浜と三崎口をよく混同する。京急の先の方といったくくり。

日経といえば、香川のうどんやが汁だか煮汁だかをすべて農業用水路に捨てるので問題になってるという記事があった。なんとなく農業の人のやっかみもあるんじゃないのぉぉ?「うどんで儲けて!」みたいなぁーなんて思うけど、濾過する機械が高額なので「補助金でもおりないことには・・・」なんてうどんやのコメントが載ってた。
小石とか砂とか炭とかを使って濾過する方法あるじゃないですか、あれとかじゃだめなのかね?うどんの茹で汁だろ?
[PR]
by shimamelon | 2008-01-09 11:07 | 部員日誌

次世代無線免許

次世代無線免許、KDDIとウィルコムに
2年ほど前からの大騒ぎ、次世代無線免許がこの2社におりたというより、ドコモ落ちちゃったよ、ということ。

ところで、この免許の内容
総務省が2.5ギガ(ギガは10億)ヘルツ帯の周波数を30メガ(メガは100万)ヘルツずつ2グループに与える
というもので、これが実現すると
屋外で移動中もパソコンなどから高速インターネットに接続できる新サービス
らしいんだけど、何するんだ?
きっと新しいサービスが浸透すれば、普通に使って「無かった時代が信じられない」と5年前を「時代」扱いしちゃうんだろうけど、考えられるのは「地図」くらいだろうか。今の携帯だとちょっと遅いかな、というくらい。
動画とか着信音に歌謡曲など好きな曲を流すためのダウンロードなんてかいてあるけど、いらんなぁ。
ところで、これは「国際化」も選考基準だったらしい。
一歩日本から出ると使い物にならなかったモバイルツールを海外展開させるのが目的の1つでもあるらしい。リンク先には書いていないけど、紙にはそのようなことも書いてある。
旅行者程度にはいらないけど、仕事の人達は使うんだろうけれども。
私には、写真をあぶり出しできるサービスとか、こういう方が面白い。
[PR]
by shimamelon | 2007-12-18 08:15 | 部員日誌