マーマレードを塗ったくり、なんの役にもたたぬことを考えつき続けている


by shimamelon
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

車直った

ゴリッゴリに傷ついていたかわいそうな車の修理が完了。今日引き取りに行く。
今日で、ディーラーが年内最後の営業だと言うので。
しかし、取りに行くと「年内は今日までですが、明日明後日もやってますので」とディーラーの営業。何、それ?

今回の事故とは別の傷もついていたそうで、「それは保険対象外です」と言われていて、それでは直さん!と思っていた。そもそも、そんな傷に覚えはない。今日そいつを確認してやろうと思って見たが、やはりない。
「磨いたらとれました。わかりませんよね」
確かにわからない。
幻だったのか?光の加減だったのではないか?

ガソリン代があまりに高いので、燃費向上のための?ちょっとよくわからないけど、なんか道具があるらしいので買いたいね、と夫と話している。
ライターのところから電源をとるらしいんだけど、なんかさっぱりわからない。
夫は、もっと中のほうにガツっとつける道具がいいと思っているらしい。
正月は旅行に行こうともくろんでいたのだが、まったく飛行機のチケットが取れない(既に、2月の連休もいっぱいだそうです)。そもそも、引っ越してきて、生活様式も変わり、ここのところ毎日旅行みたいなもんで、旅行熱が下がっている。
その、なぞの道具を探すのが正月の予定になりそうです。
[PR]
by shimamelon | 2007-12-26 18:31 | 部員日誌
一人で運転で昨日はじめて、結構遠くまで行った。だいたい片道50分くらいのところ。
ちょっと右折(のやり方を)間違えたところもあったけど、おおむね順調。途中でコンビニに寄って駐車場にとめて、ジュース買って、また乗ったりしたんだよー(駐車が苦手なので、こんなことも大冒険、田舎のねずみかよ)。

車を買うときを思い出す。
ディーラーが質問している。
「だいたいどのくらい乗られますかね?通勤では、あ、お使いにならない。お買い物で、では週末にお買い物でってことですかね」
「あ、でも、年に1回くらい房総半島に行くかもしれませんよ」
と、私が一生懸命想定していたら、ディーラーさんが
「あ、房総」
って能面に笑顔貼り付けたような顔して、想定走行距離のチェックをつけてた。
あれは保険の話し合いだったのかな?
まぁ45分で大冒険な現在、あの笑顔付能面な表情にケチつける段階ではないわけだ。
そのうちどっかの山とか越えてやる!

運転してた理由は、ある市役所に行くため。夫の戸籍抄本を取りに行ったのだ。
私達はまだ籍を一緒にしていないのだが(主に怠慢のため)、そうすると、私と夫の関係は他人なので、委任状が要る、という。なんだとー!でも、夫に電話確認ができれば委任状なくてもいけますよということなので、してもらうも、夫は仕事中で携帯つながらず。
委任状の詳細をもらってすごすご引き返そうと思うが、よくみると、普通の紙に「委任します云々」とかいて、それぞれの名前を書いて判を押せばいいらしい。なんだ、それなら。
20分後、戸籍抄本はとれました。

車に乗ると、ラジオがずっと流れて面白い。マキハラナントカという人が「赤い襟巻き」とかいうゴンギツネみたいな歌を出してるらしいぞ、なんてわかる。
とはいえ、今日から車は修理にでます。しばし、サヨナラなのです。
[PR]
by shimamelon | 2007-12-14 09:39 | 部員日誌

車に傷をつけてしまった

あーあ、せっかく運転楽しかったのに、間違えた道に入って切り返してる時になぞの鉄杭に車の両面(なぜ両面なのかはいまだにわからず)をガリゴリゴリーっとやってしまった。
最低だ。
ディーラーに電話。
「お怪我は?」
あ、ないです。私はこれからヨガもできるくらい、ピンピン。
「お車は動きますか?」
あ、傷ついてますけど、人間でいえば深爪くらいで・・・・。
実際は、深爪どころじゃなかった。大きめのやけどくらいでしょうか。
ナンバーより下の部品が壊れて取れてる。
両面にズサーっと4筋づつくらいの深い深い傷がついている。
ちょっと凹んでもいる。
「保険を・・・あ、はいったばっかりですよね、使うと等級が3つ落ちちゃって」
と、ディーラーの人がなんか恐ろしげなこと言ってるぞ。
フロントバンパーというところが半分はがれていたのだが、それはディーラーの人が押し込んだらとりあえずちゃんとはなった、なったが仮止めということ。
中に損傷がなかったとしても、軽く旅行いけるくらいの見積もり、正式なのはまた別途くるようだけど、デジカメでバシャバシャと写真をとっている。
うう、うううう。
夫に内緒で修理しちまおうと思ってたがとても無理。
修理に1週間はかかるだろうとのこと。
とりあえず、まだお買い物の途中なので、そのまま乗っていくことに。
「まぁ、命に別状なかったし、人を傷つけることもなかったのが不幸中の幸いと思って・・・」
と、ディーラーの営業さん。そ、そうですね。
「旦那さんとケンカなさらないように・・・」
謝るだけです。ケンカはしませんよ。
車傷つけメロン。
来週車乗れないかもしれないと恐れ、焼酎を2週間分買う。つまり6升なんだけど、重すぎて5升にしといた。飲みすぎやねん!

せっかく今日セルフのガソリンの入れ方覚えたのに。
セルフにはいるつもりはなくて、一番近いところがセルフだったのだ。
といっても、それもガソリンスタンドの人に全部教えてもらいながら。何がセルフだ。でも、やっと覚えたのに。
ヒキコモリの人の気持ちがわかる。
彼らは失敗したくないから、家にいるんだと思うんだけど、もうそんな気持ち。
あぁ、がっくり、がっっっくり。
[PR]
by shimamelon | 2007-11-30 16:41 | 部員日誌
車に乗るとラジオが流れる。流れなくする方法もないわけなかろうが、知らん。
でも、面白いですね、ラジオ。
今日はクラプトンの「Change The World」が流れてる。たしか妄想めいてていいんだよね、歌詞が。
ほらほら、王様だったらなーとか言ってるぞ。

Baby if I could change the world.

このcouldって仮定法だよな。
世界を変えられたらなぁ、と。
Babyを訳すって難しいよね。
ねぇ、君、とかか?不自然~
ねぇ、君、世界を変えられたらなぁ、なぁ
この最後のなぁは、クラプトンの感傷的な発声をあらわしてみたんだがこれじゃ「イモ欽トリオ」だよ。100%片思い~Baby,I Love you so すきすきBaby
しかも、こっちもBaby多用してるし。
[PR]
by shimamelon | 2007-11-19 23:01 | 言葉の冒険

運転の話

風説どおり、私は運転が下手かもしれない。
このところの失敗を箇条書きで。
・サイドブレーキをあげたまま走行。 2回
・サイドミラーをとじたまま走行。 3回
・ライトを消し忘れて車を降りようとした。2回
・スーパーの駐車場で苦労してたら、知らない人が誘導してくれた。
・クラクションを鳴らされた。4回くらい、だと思う。
・エンジンきったのに鍵がぬけねぇ!とディーラーに電話。ギアがDのままだったから。
 →なぜJAFじゃなかったかというときっと基本の基本みたいなことなんだろうと直感したから。
・区役所で駐車券を車に忘れた!と思って駐車場にもどる際、駐車場番号覚えとくの忘れた!と気づく。
たしか、T80とかそんな数字だったよな・・・と記憶をまさぐる。
途中でしゃべってるおばちゃんがまだしゃべってので目印になってよかった。
ついたら、108だった。
・しかも車についたら、駐車券はなくて、自分のバッグにあった。

慣れるよね、きっと慣れればなくなる問題だよね。
[PR]
by shimamelon | 2007-11-15 13:59 | 部員日誌

運転の話

運転がうまくなっている、ような気がするぞ。
この前、左折のやり方忘れてまっすぐ行ったりしたけど(その後思い出した)、右折もどこ見ればいいのか、わかってきた。信号、直進者がいないか(右前)、いざ曲がるときに歩行者はいないか左後ろ前(右前はまがる時に見える)。
他にも課題だったのは車線変更。
これは、あんまりしないの、そういうのが必要ない土地柄のようだから。
土地柄といえば、なんかクニャクニャした道が多くて、行き止まりも多い。
先日はそのような道にまんまとはまり、仕方ないからRですよ。まっすぐ後ろに動かしてるつもりだが、なんか横の家の植木にガサガサーっとつっこむ。あれ、塀じゃなくてよかったわー。
でもなんとか、5,6回の試みで、脱出成功。
そして、この前なんか狙った駐車場に入れられたからね(いつも1つもしくは2つくらいずれる)。
雨の日にワイパーを連続的に動かす方法を忘れて、手動で定期的に動かしたりしたけど。
ライトのつけ方わからなくて、スーパーの駐車場で(後続車がいないことを確認して、だぞ)、いろいろいじってたらなんかついたようで、明らかに前方が明るくなったので、そのまま走っちゃいました。いまだに前(全?)照灯かポチっとライトかわからんまま走ってるが、まぁいいでしょう。あれ、つけとればいいんだよね、きっと。

ということで、着実に前進しています。
[PR]
by shimamelon | 2007-10-29 09:45 | 部員日誌

運転の練習 2日目

ペーパードライバー教習2日目。
前の日、大苦労した車庫出しにこの日も苦労。駐車場がねー、顔を奥にいれなきゃいけないの。尻から出すので、苦労苦労。先生の教え方としては、「ハンドルを全部きる」「もどす」を基準に覚えればいい、とのこと。加減がわからないから初心者なんであって、そういう人にだいたいこのくらい、といってもおかしくなろう、ということなのだ。なるほど、わかりやすいです。
「あれ、動かない、動かない」
「あ、それブレーキです」
なんてことがありつつ出発。
昨日のおさらいで左折、右折。
自分でも思っていたとおり、私はそんなには下手じゃないそうです。
「こんなに曲がれませんよ、普通。あとは信号とか注意すれば・・・」
と最後まで文章を続けない先生。やさしいのだ。

先生は、元教習所の教官だったそうです。
教習所の先生というのはどうやってなるのかというと、
「たまに教習所で募集がかかっているので、それを受けて、入ったら3ヶ月くらいみっちり勉強させられて、試験にうかると資格が付与される」
みたいなことでした。
この日は駐車の練習もする。
ここらへんはのどかなので、駐車場も無料のスーパーが多い。そのうちの1つの屋上で練習。屋上の利点は柱がないことだ。
駐車はなれると、目印があったほうがやりやすい。だから、隣に車があったほうが簡単なんですよ、とのことだが、納得できません。
ミニカーとノートを使いながら駐車のコツを理論的に教えてくれる先生。左、右とハンドルを全部きりながら線の中におさめないといかん。えー?で、幅を調整するときは、121の法則。一回転させて、2回転もどして、1回転させる、だったかな?ちょっと忘れちゃった。また聞かなきゃ。

ウィンカーを出して戻すと、力が余ってるのかな?反対にウィンカーがはいってしまう。それでまごまごしてたら、車がヨロヨロしてぶつかりそうになったけど、無事終了。

この日、練習したスーパーにお買い物しにいく。
夫曰く「本当に前みてんのかと思うよ」というくらい怖かったそうですが、それは思い込みだ。
私は運転うまくなると思うよ。
「そうだね、うまくなるんじゃないかな。好きだしね。」
だってさ。
[PR]
by shimamelon | 2007-07-17 08:16 | 部員日誌

運転の練習

今日からペーパードライバー教習をうけています。
「あなたは免許とっても運転しないほうがいいですね。」
とぬかす教習所の先生に
「ところで先生の職業はなんですか?」
と聞き返した教習所卒業時から何年たったか、計算すればわかるけど、しない。爾来、
「絶対やめたほうがいい」
「他の人に任せたほうがいい」
「23区内に住んでるだからいいよ、運転しなくて」
などといわれてここまで来た。沖縄でも九州でも北海道でも旅行時には全く運転していなかった。自分では下手じゃなくて不慣れなだけだと思ってたけど、運転の練習したいなーと思いつつ時を経て。
そして、神奈川ですよ。車必須です。ちょっとした買い物も必要。
で、車がきたので、ペーパードライバー教習をはじめました。今日が1日目。
運転する気まんまん。
家まで来てくれた教官を助手席に乗せていざ出発さ。
最初は左折の練習。一応ナビがついてるんだけど教官はそんなの使うことなく、次の信号を左、右、そうするとT字路になってますからねーと適切に指示してくれる。この人は超能力者か?実はナビの中の人だったりして。違います、地図見るのが上手なのです。動いている車の中で地図みてても酔わないそうです。さすがプロ、でも本当は超能力者(またはナビの中の人)。
今日は装備の説明、左折(5周くらい)右折、ウィンカーだす曲がり角、道なりの曲がり方。停車してる車の追い越し方。
実は、私には信号を守るという認識が欠落しがちなのだが、それは最後の方で白状した。ぼーっとしちゃうんだよね。でも教官は叱らない、ほめるほめる、危ないときは「こうした方がいいかもしれませんねー」とやさしい。私はやさしい人が大好きだ。
今日は台風だから・・・と気にしてたけど、そんなに雨も強くはなく、ウィンカーの練習になったかなーって感じ。なにより通行人がとっても少なくて助かりました。
ノリノリで運転してたけど、ちょっと疲れたな。明日、2回目があります。楽しみだー。

ペーパードライバー教習
[PR]
by shimamelon | 2007-07-15 12:33 | 部員日誌